乃木坂パープルハート

-Nogizaka Purple Heart- 乃木坂46ファンサイト

能條 愛未(1期生)

ふりがなのうじょう あみ
愛称じょーさん、ジョンソン、あみあみ
コールじょーさん
生年月日1994年10月18日
現年齢
出身地神奈川県
血液型A型
星座てんびん座
身長162cm
備考・乃木坂1期生
・乃木團ボーカル担当
・のぎ天釣りサークル所属
・のぎ天猫部部長
・グループからの卒業を発表し、年内のイベントで活動は終了になるようです
推し
カラー

シングル1st2nd3rd4th5th6th7th8th9th10th
ポジション
シングル11th12th13th14th15th16th17th18th19th20th
ポジション
シングル21st22nd
ポジション卒業
のため
不参加

・能條ファンのことを「あみあみ族」といいます。

・オーディションは芸名の麻生梨里子(あそう りりこ)で受けていましたが、乃木坂は本名が原則なので、本名の能條愛未で活動しています。映画「悲しみの忘れ方」でのワンシーンでも「麻生梨里子(あそう りりこ)」と呼ばれていましたよね。

・能條と斎藤ちはると齋藤飛鳥の3人を「ちーむN」といいます[1]。「N」は、もちろん能條の「N」です。

・2011年10月16日第3回放送の「乃木坂ってどこ?」でVTR出演の際には、うさぎのものまねを披露しました。

・2013年3月のMUSIC FAIR選抜16名にアンダーから選ばれています。

・ライブなどのコールは「じょーさん」です。これは自身のブログで「コールのときあみあみ〜 かじょーさーんで迷ってる方が多いみたいですが、んーあみあみ〜だと呼びにくいし コールのときはじょーさーんにしてほしいなー^ ^」と言っています[2]。

・2014年12月12日の「アンダーライブ セカンド・シーズンFINAL!」の企画「全員センター」では「左胸の勇気」を担当しました。
とはいえ、突然スタッフに「本日の主役」のたすきをかけられ、バックステージからメインステージに戻るゴンドラは、他のメンバーが乗ったものと複数が同時にスタート(場所はセンター(中央)でしたが)、曲のあとで本人も「あれはセンターじゃないw」と言うもメンバーは「センターだったよ」と切り返すやりとりも面白かったです。

・リニューアル前の最終回となった2015年4月12日第180回放送の「乃木坂ってどこ?」で川後と共に司会を担当しました。

・2015年12月17日の「アンダーライブ日本武道館」の企画「全員センター」では「制服のマネキン」を担当しました。

・公式ページのプロフィールが162cmとなっていたため、修正しました(163cm→162cm)。

・2018年10月5日にZepp Sapporoで行われた『アンダーライブ2018 北海道シリーズ』の千穐楽公演でグループからの卒業を発表しました。同日にブログも更新され、ライブ会場にはいなかったファンにも報告が行われました[3]。併せて公式ページでも発表されています[4]。活動は、12月15日(土)の東京・東京ビッグサイトで開催される個握が最後になる予定とのことです。


【出演の記録:テレビ】

・ドラマ「BAD BOYS J」(唐津里奈役レギュラー)

・ぐるぐるナインティナイン2時間スペシャル(ピッタンコチョイスコーナー:2013年4月11日)

・乃木坂46えいご(TBSチャンネル1):レギュラー出演(2015年6月~2018年5月)

【出演の記録:映画】

・劇場版BAD BOYS J -最後に守るもの-(唐津里奈 役)2013年

・死の実況中継 劇場版(中塚歩 役)2014年

【出演の記録:舞台】

・『舞台「カードファイト!! ヴァンガード」~バーチャル・ステージ~』戸倉ミサキ 役(2016年1月5日(火)~1月11日(月・祝):AiiA 2.5 Theater Tokyo)

・『墓場、女子高生』メンコ 役(2016年10月14日(金)~10月22日(土):東京ドームシティ シアターGロッソ)

・『舞台「カードファイト!! ヴァンガード」~バーチャル・ステージ~ リンクジョーカー編』戸倉ミサキ 役(2017年4月1日(土)~4月9日(日):AiiA 2.5 Theater Tokyo)

・『堀内夜あけの会「堀内健演劇講演会 未来のファンタジー」』戸倉ミサキ 役(2017年4月28日(金)~5月1日(月):本多劇場)

・『少女革命ウテナ~白き薔薇のつぼみ~』天上ウテナ 役(2018年3月8日(木)~3月18日(日):CBGKシブゲキ!!)

・『乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」』Team MOON:セーラージュピター/木野まこと 役(2018年6月8日(金)~6月24日(日):天王洲 銀河劇場、2018年9月21日(金)~9月30日(日):TBS赤坂ACTシアター)

・『ホリケン演劇の会 第5回公演「ラヴ戦争」』(2018年7月20日(金)~7月23日(月):本多劇場)

【出演の記録:WEB】

・映画情報サイト「シネマズby松竹」連載『乃木坂週刊映画』(2016年9月17日~2018年11月18日)


【参加楽曲】

  • 1stシングル:ぐるぐるカーテン
    • ぐるぐるカーテン
    • 乃木坂の詩(Type-A)
    • 会いたかったかもしれない(Type-B)
    • 失いたくないから(Type-C)
    • 白い雲にのって(通常盤)
  • 2ndシングル:おいでシャンプー
    • 狼に口笛を(Type-C)
    • ハウス!(通常盤)
  • 3rdシングル:走れ!Bicycle
    • 涙がまだ悲しみだった頃(Type-A)
    • 音が出ないギター(Type-C)
  • 4thシングル:制服のマネキン
    • 制服のマネキン
    • 指望遠鏡
    • やさしさなら間に合ってる(Type-A)
  • 5thシングル:君の名は希望
    • シャキイズム
    • 13日の金曜日(Type-B)
  • 6thシングル:ガールズルール
    • コウモリよ(Type-A)
    • 扇風機(Type-B)
    • 人間という楽器(通常盤)
  • 7thシングル:バレッタ
    • 初恋の人を今でも(Type-C)
    • やさしさとは(通常盤)
  • 8thシングル:気づいたら片想い
    • 生まれたままで(Type-C)
  • 9thシングル:夏のFree&Easy
    • ここにいる理由(Type-C)
  • 10thシングル:何度目の青空か?
    • 遠回りの愛情
    • あの日 僕は咄嗟に嘘をついた(Type-C)
  • 1stアルバム:透明な色
    • 傾斜する(Type-A・B)
    • 自由の彼方(Type-A・B)
  • 11thシングル:命は美しい
    • 君は僕と会わない方がよかったのかな(Type-C)
  • 12thシングル:太陽ノック
    • 別れ際、もっと好きになる(Type-C)
  • 13thシングル:今、話したい誰かがいる
    • 嫉妬の権利
  • 14thシングル:ハルジオンが咲く頃
    • 不等号(Type-D)
  • 2ndアルバム:それぞれの椅子
    • 欲望のリインカーネーション
    • 失恋したら、顔を洗え!(Type-C)
  • 15thシングル:裸足でSummer
    • シークレットグラフィティー(Type-D)
  • 16thシングル:サヨナラの意味
    • ブランコ(Type-B)
  • 17thシングル:インフルエンサー
    • 風船は生きている(Type-C)
  • 3rdアルバム:生まれてから初めて見た夢
    • 君が扇いでくれた(初回生産限定盤)
    • 設定温度(初回生産限定盤)
  • 18thシングル:逃げ水
    • アンダー(Type-B)
  • 19thシングル:いつかできるから今日できる
    • My rule(Type-C)
  • アンダーアルバム:僕だけの君
    • 自惚れビーチ
    • その女
    • 誰よりそばにいたい
  • 20thシングル:シンクロニシティ
    • Against
    • 新しい世界(Type-B)
  • 21stシングル:ジコチューで行こう!
    • 三角の空き地(Type-A)


・執筆時点での情報を掲載している箇所が多くあります。時間の経過とともに趣味・嗜好は変化していきますので、参考として見ていただければ幸いです。
・古い情報や誤った情報がありましたら、ぜひこちらよりお知らせください。