乃木坂パープルハート

-Nogizaka Purple Heart- 乃木坂46ファンサイト

セットリスト保管庫:2018年


改めましてこんにちは。サイト管理人の「J」ことJackyです。
こちらは暫定的に作成を始めたページになります。

作ろうとは思っていたものの、なかなか進んでおりませんでしたが、ベースとなるページだけでも作成しておこう、という感じになっています。



生駒里奈卒業コンサート

2018年4月22日@日本武道館

影ナレ:寺田蘭世、伊藤純奈、鈴木絢音

M00.OVERTUER
M01.乃木坂の詩
M02.おいでシャンプー
M03.太陽ノック
M04.水玉模様
MC1.MCコーナー①生駒里奈
M05.トキトキメキメキ
M06.スカウトマン
DC1.生駒里奈ソロダンス
M07.Against
M08.シンクロニシティ
MC2.MCコーナー②
M09.初日(生駒里奈+3期生バージョン)
M10.てもでもの涙(生駒里奈+鈴木絢音)
M11.心のプラカード(生駒里奈+2期生バージョン)
MC3.MCコーナー③
MC4.生生星による座談会
M12.ここじゃないどこか
M13.満月が消えた
M14.あらかじめ語られるロマンス
M15.無口なライオン
MC5.MCコーナー④
M16.指望遠鏡
M17.月の大きさ
MC6.ナルトからのメッセージ&岸本斉史イラスト色紙
M18.ハウス!
M19.君の名は希望
M20.悲しみの忘れ方
MC7.MCコーナー⑤
M21.制服のマネキン

≪アンコール≫
EN1.走れ!Bicycle
EN2.シャキイズム
EN3.ぐるぐるカーテン

≪Wアンコール≫
EN4.君の名は希望

※会場は1万2000人、ライブビューイングでは全国の128の映画館で約6万人が来場しました[1]。
※20thシングルに収録されている楽曲は、ライブでは初披露となりました(発売日が4/25だったため)。
※「M09.初日」は、2014年4月12日に西武ドームで握手会会場で歌った楽曲で、AKB48 teamB生駒里奈として初めて披露した楽曲で、「M10.てもでもの涙」は、組閣後に新体制となって初めての劇場公演が行われた2014年4月28日に渡辺麻友と披露した楽曲です。「M11.心のプラカード」は、総選挙で14位となり選抜入りした楽曲です。
※「M11.心のプラカード」の終わりから、休養中の北野日奈子が合流しました。


真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~ DAY1(神宮)

2018年7月6日@明治神宮野球場

影ナレ:伊藤純奈、伊藤理々杏、中田花奈

M00.OVERTUER
M01.自惚れビーチ
M02.13日の金曜日
M03.新しい世界
M04.風船は生きている
M05.アンダー
M06.走れ!Bicycle
M07.ロマンスのスタート
M08.制服のマネキン
M09.命は美しい
M10.いつかできるから今日できる
M11.ガールズルール
M12.雲になればいい
M13.でこぴん
M14.釣り堀
M15.Threefold Choice
M16.誰よりもそばにいたい
M17.あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
M18.シークレットグラフィティー
M19.僕の衝動
M20.トキトキメキメキ
M21.三番目の風
M22.逃げ水
M23.何度目の青空か?
M24.今、話したい誰かがいる
M25.シンクロニシティ
M26.太陽ノック
M27.夏のFree&Easy
M28.裸足でSummer
M29.君の名は希望

≪アンコール≫
EN1.インフルエンサー
EN2.ハウス!
EN3.ダンケシェーン
EN4.乃木坂の詩

※乃木坂46初の2会場同時開催ライブとなりました(同一アーティストの単独ライブとしては史上初)[1]。明治神宮球場(3万5千人)と秩父宮ラグビー場(2万5千人)で合計6万人、3日間で合計18万人を動員したライブとなりました。
※2会場同時開催のため、20thの選抜メンバーとアンダーメンバーに分かれてスタートし、途中で会場を移動して入れ替わるスタイルで片方にメンバーが偏らないような工夫がされていました。そのためセットリストは曲順が異なるものの同じ楽曲がパフォーマンスされています。また、それぞれの会場をメンバーが移動している途中は楽曲も共通です。


真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~ DAY1(秩父宮)

2018年7月6日@秩父宮ラグビー場

影ナレ:寺田蘭世、堀未央奈

M00.OVERTUER
M01.裸足でSummer
M02.夏のFree&Easy
M03.太陽ノック
M04.今、話したい誰かがいる
M05.何度目の青空か?
M06.走れ!Bicycle
M07.ロマンスのスタート
M08.制服のマネキン
M09.命は美しい
M10.あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
M11.シークレットグラフィティー
M12.誰よりもそばにいたい
M13.僕の衝動
M14.トキトキメキメキ
M15.三番目の風
M16.逃げ水
M17.いつかできるから今日できる
M18.ガールズルール
M19.雲になればいい
M20.でこぴん
M21.釣り堀
M22.Threefold Choice
M23.自惚れビーチ
M24.新しい世界
M25.シンクロニシティ
M26.13日の金曜日
M27.風船は生きている
M28.アンダー
M29.君の名は希望

≪アンコール≫
EN1.インフルエンサー
EN2.ハウス!
EN3.ダンケシェーン
EN4.乃木坂の詩

※乃木坂46初の2会場同時開催ライブとなりました(同一アーティストの単独ライブとしては史上初)[1]。明治神宮球場(3万5千人)と秩父宮ラグビー場(2万5千人)で合計6万人、3日間で合計18万人を動員したライブとなりました。
※2会場同時開催のため、20thの選抜メンバーとアンダーメンバーに分かれてスタートし、途中で会場を移動して入れ替わるスタイルで片方にメンバーが偏らないような工夫がされていました。そのためセットリストは曲順が異なるものの同じ楽曲がパフォーマンスされています。また、それぞれの会場をメンバーが移動している途中は楽曲も共通です。


真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~ DAY2(神宮)

2018年7月7日@明治神宮野球場

影ナレ:松村沙友理、与田祐希

M00.OVERTUER
M01.裸足でSummer
M02.夏のFree&Easy
M03.太陽ノック
M04.今、話したい誰かがいる
M05.気づいたら片想い
M06.走れ!Bicycle
M07.ハウス!
M08.制服のマネキン
M09.命は美しい
M10.誰よりもそばにいたい
M11.ここにいる理由
M12.My rule
M13.思い出ファースト
M14.未来の答え
M15.三番目の風
M16.逃げ水
M17.バレッタ
M18.ガールズルール
M19.Rewindあの日
M20.あらかじめ語られるロマンス
M21.オフショアガール
M22.やさしさとは
M23.自惚れビーチ
M24.新しい世界
M25.シンクロニシティ
M26.13日の金曜日
M27.風船は生きている
M28.アンダー
M29.君の名は希望

≪アンコール≫
EN1.インフルエンサー
EN2.ロマンスのスタート
EN3.ロマンティックいか焼き
EN4.乃木坂の詩

※乃木坂46初の2会場同時開催ライブとなりました(同一アーティストの単独ライブとしては史上初)[1]。明治神宮球場(3万5千人)と秩父宮ラグビー場(2万5千人)で合計6万人、3日間で合計18万人を動員したライブとなりました。
※2会場同時開催のため、20thの選抜メンバーとアンダーメンバーに分かれてスタートし、途中で会場を移動して入れ替わるスタイルで片方にメンバーが偏らないような工夫がされていました。そのためセットリストは曲順が異なるものの同じ楽曲がパフォーマンスされています。また、それぞれの会場をメンバーが移動している途中は楽曲も共通です。


真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~ DAY2(秩父宮)

2018年7月7日@秩父宮ラグビー場

影ナレ:岩本蓮加、梅澤美波

M00.OVERTUER
M01.自惚れビーチ
M02.13日の金曜日
M03.風船は生きている
M04.新しい世界
M05.アンダー
M06.走れ!Bicycle
M07.ハウス!
M08.制服のマネキン
M09.命は美しい
M10.バレッタ
M11.ガールズルール
M12.Rewindあの日
M13.あらかじめ語られるロマンス
M14.オフショアガール
M15.やさしさとは
M16.ここにいる理由
M17.My rule
M18.誰よりもそばにいたい
M19.思い出ファースト
M20.未来の答え
M21.三番目の風
M22.逃げ水
M23.気づいたら片想い
M24.今、話したい誰かがいる
M25.シンクロニシティ
M26.太陽ノック
M27.夏のFree&Easy
M28.裸足でSummer
M29.君の名は希望

≪アンコール≫
EN1.インフルエンサー
EN2.ロマンスのスタート
EN3.ロマンティックいか焼き
EN4.乃木坂の詩

※乃木坂46初の2会場同時開催ライブとなりました(同一アーティストの単独ライブとしては史上初)[1]。明治神宮球場(3万5千人)と秩父宮ラグビー場(2万5千人)で合計6万人、3日間で合計18万人を動員したライブとなりました。
※2会場同時開催のため、20thの選抜メンバーとアンダーメンバーに分かれてスタートし、途中で会場を移動して入れ替わるスタイルで片方にメンバーが偏らないような工夫がされていました。そのためセットリストは曲順が異なるものの同じ楽曲がパフォーマンスされています。また、それぞれの会場をメンバーが移動している途中は楽曲も共通です。


真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~ DAY3(神宮)

2018年7月8日@明治神宮野球場

影ナレ:斎藤ちはる、相楽伊織、渡辺みり愛、和田まあや

M00.OVERTUER
M01.自惚れビーチ
M02.13日の金曜日
M03.新しい世界
M04.風船は生きている
M05.アンダー
M06.走れ!Bicycle
M07.ダンケシェーン
M08.制服のマネキン
M09.命は美しい
M10.きっかけ
M11.ガールズルール
M12.あの教室
M13.僕が行かなきゃ誰が行くんだ?
M14.低体温のキス
M15.意外BREAK
M16.誰よりもそばにいたい
M17.不等号
M18.シークレットグラフィティー
M19.僕の衝動
M20.トキトキメキメキ
M21.三番目の風
M22.インフルエンサー
M23.サヨナラの意味
M24.逃げ水
M25.シンクロニシティ
M26.太陽ノック
M27.夏のFree&Easy
M28.裸足でSummer
M29.君の名は希望

≪アンコール≫
EN1.ロマンスのスタート
EN2.転がった鐘を鳴らせ!
EN3.三角の空き地
EN4.乃木坂の詩

≪Wアンコール≫
EN5.ジコチューで行こう!
EN6.ハウス!
EN7.おいでシャンプー

≪トリプルアンコール≫
EN8.ガールズルール

※乃木坂46初の2会場同時開催ライブとなりました(同一アーティストの単独ライブとしては史上初)[1]。明治神宮球場(3万5千人)と秩父宮ラグビー場(2万5千人)で合計6万人、3日間で合計18万人を動員したライブとなりました。
※2会場同時開催のため、20thの選抜メンバーとアンダーメンバーに分かれてスタートし、途中で会場を移動して入れ替わるスタイルで片方にメンバーが偏らないような工夫がされていました。そのためセットリストは曲順が異なるものの同じ楽曲がパフォーマンスされています。また、それぞれの会場をメンバーが移動している途中は楽曲も共通です。
※21stシングルの表題曲「ジコチューで行こう!」とアンダー楽曲「三角の空き地」が初披露されています。


真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~ DAY3(秩父宮)

2018年7月8日@秩父宮ラグビー場

影ナレ:高山一実、山下美月

M00.OVERTUER
M01.裸足でSummer
M02.夏のFree&Easy
M03.太陽ノック
M04.逃げ水
M05.サヨナラの意味
M06.走れ!Bicycle
M07.ダンケシェーン
M08.制服のマネキン
M09.命は美しい
M10.不等号
M11.シークレットグラフィティー
M12.誰よりもそばにいたい
M13.僕の衝動
M14.トキトキメキメキ
M15.三番目の風
M16.インフルエンサー
M17.きっかけ
M18.ガールズルール
M19.あの教室
M20.僕が行かなきゃ誰が行くんだ?
M21.低体温のキス
M22.意外BREAK
M23.自惚れビーチ
M24.新しい世界
M25.シンクロニシティ
M26.13日の金曜日
M27.風船は生きている
M28.アンダー
M29.君の名は希望

≪アンコール≫
EN1.ロマンスのスタート
EN2.転がった鐘を鳴らせ!
EN3.ジコチューで行こう!
EN4.乃木坂の詩

≪Wアンコール≫
EN5.三角の空き地
EN6.ハウス!
EN7.おいでシャンプー

≪トリプルアンコール≫
EN8.ガールズルール

※乃木坂46初の2会場同時開催ライブとなりました(同一アーティストの単独ライブとしては史上初)[1]。明治神宮球場(3万5千人)と秩父宮ラグビー場(2万5千人)で合計6万人、3日間で合計18万人を動員したライブとなりました。
※2会場同時開催のため、20thの選抜メンバーとアンダーメンバーに分かれてスタートし、途中で会場を移動して入れ替わるスタイルで片方にメンバーが偏らないような工夫がされていました。そのためセットリストは曲順が異なるものの同じ楽曲がパフォーマンスされています。また、それぞれの会場をメンバーが移動している途中は楽曲も共通です。
※21stシングルの表題曲「ジコチューで行こう!」とアンダー楽曲「三角の空き地」が初披露されています。




[1]乃木坂46、史上初となる同一アーティストによる2会場同時開催となったレポート到着|Billboard JAPAN 2018/07/09
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/65289/2


免責・お願い

こちらのセットリストは、いろいろな資料を基に作成しておりますが、万一誤りなどがありましたら、こちらのメールフォームよりご連絡いただけますと幸いです。

信頼性を100%保証するものではありませんので、ご利用に際してはあらかじめご了承くださいませ。

また、こちらのセットリスト保管庫に掲載されていない情報をお持ちの方、ぜひご提供をお願いします。こちらのメールフォームよりご連絡いただけますとありがたいです。よろしくお願いいたします。